INFORMATION

NEWS

ソン・ジュンギ×チェ・ソンウン、Netflix映画『ロ・ギワン』出演決定!

 

[韓国エンタメニュース]

 

ソン・ジュンギ、チェ・ソンウン、チョ・ハンチョル、キム・ソンリョン、イ・イルファ、イ・サンヒ、ソ・ヒョヌがNetflix映画『ロ・ギワン』に出演する。

 

本日(7日)Netflixは映画『ロ・ギワン』の制作を確定し、堅固なキャスティングラインナップを公開した。『ロ・ギワン』は生涯最後の希望を胸にベルギーにやって来た脱北者ギワン(ソン・ジュンギ)と、生きる理由を失った女性マリ(チェ・ソンウン)の出会い、別れ、恋を描いた映画。

 

ソン・ジュンギは劇中で脱北者を演じ、またも演技変身を予告した。無一文で遠く離れたヨーロッパの見知らぬ土地ベルギーで、唯一の希望である難民認定を受けるために死闘を繰り広げるロ・ギワン役として、どんな姿を見せてくるのか期待が集まる。

 

チェ・ソンウンはベルギー国籍を持つ韓国人元射撃選手マリを演じる。生きるためにベルギーにやって来たロ・ギワンとは違い、生きる理由を失ったマリは悪縁で結ばれたロ・ギワンとの出会い以降、意図せず恋に落ちる人物だ。極限の状況に陥った人物を演じるソン・ジュンギとチェ・ソンウン、二人の俳優の演技に注目したい。

 

チョ・ハンチョルはマリの父ユンソン役を演じる。また、ロ・ギワンがベルギーを目指す決定的な理由である、母オクヒ役をキム・ソンリョンが演じる。マリの母チョンジュ役はイ・イルファ、ロ・ギワンがベルギーの工場で出会う朝鮮族出身のソンジュ役はイ・サンヒが演じる。ソ・ヒョヌはロ・ギワンの叔父ウンチョル役で出演し、『ロ・ギワン』のパワフルなアンサンブルを完成させる。

 

(写真左上から時計回り)チョ・ハンチョル、キム・ソンリョン、ソ・ヒョヌ、イ・サンヒ、イ・イルファ

 

北朝鮮から中国の延辺を経て、ベルギーまで。自由を求めるロ・ギワンの長い旅に臨場感を与える演技派俳優たちのラインナップは、『ロ・ギワン』が期待を集める最も大きな理由だ。脚本まで自ら執筆したキム・ヒジン監督にとって今作は長編映画デビュー作だが、細やかな感情表現とキャラクター同士の間に存在する小さなドラマを見逃さない彼女の強みがどのように発揮されるか、期待が集まる。また、映画『ロ・ギワン』は『ザ・コール』『20世紀のキミ』『毒戦 BELIEVER』等の作品を制作した映画制作会社Yong Filmの作品であり、一層信頼感を与える。

 

生きるために脱出せざるを得なかった脱北者ロ・ギワンの波瀾万丈な旅と死闘、死にたくないロ・ギワンと生きる理由がないマリ、二人の出会いを通して極限まで追い込まれた彼らがお互いに抱く感情を描いた映画『ロ・ギワン』。そして二人の出会いの間に登場する多彩なキャラクターたちを演じる演技派俳優たちのアンサンブルが期待を集める『ロ・ギワン』は、Netflixを通して公開される予定だ。

 

写真提供:各所属事務所

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI