INFORMATION

NEWS

ソン・ジュンギ、“イ・ソンミンとの共演で発見”

 

[韓国エンタメニュース]

 

JTBC新金土日ドラマ『財閥家の末息子』ソン・ジュンギ、イ・ソンミンのグラビアが公開された。

 

公開された写真には、劇中キャラクターの鋭いカリスマを裏面に置いて、2人の本来のケミストリーと特別な呼吸、重みのある叙情が感じられるシーンを盛り込んだ。ソン・ジュンギとイ・ソンミンはカメラの前に並んで座っているだけでも個性的なオーラを放った。

 

撮影後のインタビューで2人はお互いに対する格別な思いを明かした。

 

ソン・ジュンギは財閥総帥一家のリスクオーナーを管理する秘書のユン・ヒョヌが財閥家の末息子チン・ドジュンに生まれ変わる叙事で、ユン・ヒョヌとチン・ドジュン役を演じた。『財閥家の末息子』に出演することになった感想について彼は「今作を執筆したキム・テヒ作家が『トキメキ☆成均館スキャンダル』を書いた方です。最初は作家先生が大きな理由でしたが、その後はイ・ソンミン先輩が出演するという事実が大きく作用しました。先輩と演技をしたいと思う俳優が本当にたくさんいます。僕もその一人で、一緒に演技をする間、本当にワクワクしました。先輩の前では僕さえ初めて見る表情をたくさん発見しました」と明かした。

 

 

財閥家スニャングループの会長チン・ヤンチョルを演じたイ・ソンミンは「これまで素敵な俳優と共演することが多かったです。ソン・ジュンギさんともいつか必ず共演したいと思っていました。今作への出演を決める時にソン・ジュンギさんが出演するという事実も大きく作用しました。彼の演技には彼だけの余裕が感じられるのですが、それがいつも素敵に見えました」と伝えた。

 

また作品に関する質問にイ・ソンミンは「台本がとても良かったんです。チン・ヤンチョルが使う方言が驚くほど精巧に書かれていました。またストーリーも新鮮でした。財閥という設定に、もう少し上品にアプローチしたくて監督とたくさん意見を交わしました」と、ドラマでの活躍を予告した。

 

 

ソン・ジュンギは「ファンタジードラマですが、“家族”というキーワードで繋がっているのがとても魅力的でした。これを中心に繰り広げられる叙事に重みがあって良かったです」と、作品への特別な愛情を示した。

 

 

一方ソン・ジュンギとイ・ソンミンの多彩なグラビアとインタビューは、ELLE 12月号で確認出来る。

 

写真提供:ELLE

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI