INFORMATION

NEWS

ソン・ジュンギ主演『ヴィンチェンツォ』、自己最高視聴率で放送終了!

ヴィンチェンツォ

 

[韓国エンタメニュース]

 

『ヴィンチェンツォ』ソン・ジュンギが悪を悪で処断し、視聴率も自己最高視聴率を更新した。

 

tvN土日ドラマ『ヴィンチェンツォ』が去る2日に放送された最終話で幕を閉じた。最終話の視聴率は首都圏基準で平均16.6%、最高18.4%、全国基準で平均14.6%、最高16.2%を記録して自己最高を更新、地上波を含む全チャンネル同時間帯1位を記録し、熱い愛の中で有終の美を飾った。

 

今作は、一寸先も予測出来ないどんでん返しと愉快な展開、劇の重みと笑いを絶妙に織り成した演出、俳優たちの熱演が相乗効果を発揮して毎話『ヴィンチェンツォ』ブームを巻き起こした。ダークヒーローや悪党に変身したソン・ジュンギ、チョン・ヨビン、オク・テギョンは歴代級ハードキャリーを披露し、視聴者から愛された。そんな中、ドラマを盛り上げた主演3人が放送終了の感想を伝えた。

 

ソン・ジュンギはマフィアのコンシリエーリ ヴィンチェンツォに変身し、唯一無二のダークヒーローを誕生させた。多様なジャンルを一つの作品の中で消化し、その真価を立証、多彩な魅力をキャラクターに溶け込ませてお茶の間を魅了した。彼は「撮影をするたびにこの作品が終わらないようにと思って撮影しました」と残念な気持ちを伝えた。また「『ヴィンチェンツォ』は、ヴィンチェンツォ・カサノという韓国とはとても似合わないイタリア男が変わった人たちに出会って始まる話です。ドラマの内容のように僕個人的にも慣れない気持ちで撮影を始めて、最後には今作とメンバーたちにとてもハマってしまいました。視聴者の皆さんに愛と応援を送っていただけなかったら、こんな幸せを感じられなかったと思います」と視聴者の熱い愛に対する感謝の言葉を伝えた。

 

ヴィンチェンツォ

 

チョン・ヨビンは素晴らしい演技と新鮮な魅力で弁護士ホン・チャヨンを完成させた。チョン・ヨビンは「これまで『ヴィンチェンツォ』と共にしてくださった視聴者の皆さんに感謝します。ホン・チャヨンとして生きることが出来て胸がいっぱいになった日々でした」とし「誰一人真心を込めない人がいなかったので、良い気運だけを与えられた現場でした。この気運が視聴者の皆さんにも伝わることを願います」と温かいメッセージを送った。

 

ヴィンチェンツォ

 

オク・テギョンはドラマの核心キャラクターだったチャン・ジュヌを演じ、大活躍した。悪党の姿をディテールな演技で巧みに生かして劇のテンションを高めた。彼は「『ヴィンチェンツォ』の撮影で多くのことを学びました。多くの先輩やスタッフの方々がこの作品を作るためにどれだけ努力されたのか分かりました」と感想を述べた。また「『ヴィンチェンツォ』と共にした8ヶ月という時間を長い間忘れられないと思います。今作を見守ってくださった視聴者の皆さんにも本当に感謝します」という温かい最後の挨拶を送った。

 

ヴィンチェンツォ

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI