INFORMATION

NEWS

ソン・ジュンギ、“監督は『私のオオカミ少年』の時から…”

スペース・スウィーパーズ

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優ソン・ジュンギがチョ・ソンヒ監督へ冗談を言った。

 

2日YouTubeライブを通じて映画『スペース・スウィーパーズ(勝利号)』のオンラインカンファレンスが行われた。この席にはチョ・ソンヒ監督をはじめ、ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ、ユ・ヘジンが出席した。

 

ソン・ジュンギは「10年前、『私のオオカミ少年』撮影時に今作の話をチョン・ソンヒ監督から聞きました」とし「面白そうだと漠然と思いましたが、シナリオを下さったので、内心ではすでにやらなければならないなと思いました。内容が変わりましたが、当時も衝撃的で新鮮だったためです」と語った。

 

続けて「僕が演じたテホは勝利号のクルーたちに出会い、より下品な生活をすることになります」とし「監督は一度も僕に格好良い役を与えてくれたことがありません。土や油のついた役です。しかし内面はピュアです。なので監督の作品が好きです」と笑いを誘った。

 

スペース・スウィーパーズ

 

一方映画『スペース・スウィーパーズ(勝利号)』は、2092年宇宙のゴミ清掃船“勝利号”の船員たちが、大量破壊兵器として知られる人間型ロボット“ドロシー”を発見し危険な取引に飛び込んでいく物語を描いた映画。来る5日よりNetflixを通じて配信される。

 

 

写真提供:Netflix

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI