INFORMATION

NEWS

ソン・ジュンギ主演『勝利号』、Netflixで2月5日配信決定!

勝利号

 

[韓国エンタメニュース]

 

映画『スペース・スウィーパーズ(勝利号)』が来る2月5日にNetflixを通じて世界約190ヶ国で配信を確定し、ポスターと予告編を公開した。

 

『スペース・スウィーパーズ(勝利号)』は、2092年お金になることなら何でもする宇宙のゴミ清掃船“勝利号”の船員たちが、大量破壊兵器として知られる人間型ロボット“ドロシー”を発見し危険な取引に飛び込んでいく物語を描いた映画だ。

 

公開されたポスターは、宇宙を覆うゴミの山に立った勝利号と船員たちが堂々と立っている姿が収められている。お金になることならなんでもする操縦士テホ(ソン・ジュンギ)、過去に宇宙海賊団を率いたリーダーのチャン船長(キム・テリ)、荒々しく見えるが実は優しい機関士タイガー・パク(チン・ソンギュ)、小言が多いが並々ならぬ魅力のロボット アプドン(ユ・ヘジン)まで、個性の強い乗組員たちで構成された勝利号は宇宙を覆うゴミをかき集めてお金を稼ぐ宇宙ゴミ清掃船だ。宇宙のゴミを集める勝利号が果たしてどんなゴミを拾い、どんなスペクタクルに包まれるのか、韓国初の宇宙を背景にしたスペクタクルなSFブロックバスターに世界の関心が集まっている。

 

共に公開されたティーザー予告編は、宇宙のゴミ清掃船“勝利号”と船員たちが巻き込まれる危険な事件を予告し、期待を高める。2092年、いつもと変わらずゴミの収集に乗り出した彼らに思いもよらなかった物が手に入る。ゴミの山の中から見つかった可愛い子供、しかし子供の正体は大量破壊兵器として知られている人間型ロボット ドロシーだ。巨額の懸賞金がかかったドロシーを売って分け前を得ようと計画を立てるが、状況は予想もしなかった方向に流れ始める。銃弾が飛び交う宇宙で危険な取引に巻き込まれてしまった勝利号の船員たち、彼らが果たして欲しがっていたお金を手にすることが出来るのか、新たな物語に対する期待が高まっている。

 

 

一方映画『スペース・スウィーパーズ(勝利号)』は、2月5日よりNetflixを通じて配信される。

 

 

写真提供:Netflix

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI